FC2ブログ

『So Cool 』

♪  ほ エヴぁ エヴぁ

     しゃぃにん  いん  まぃ  ラー  ♪



なっちんの 詩  其の十五


-- 旅 想恋song 『プロヘッショナル』  --    作 なっちん



ドボン寸前 カチカチになって行くあたま
「逝くなら 夢の旅打ちで・・・」 
『行くっ!!』 と 決めた時 覚えた 安らぎは きっと モルヒネ

なっちんの 7月 辛いはずなのに 気持ちィィ

7月前半に喰らった 100k のマイナスは辛かった・・
打ちたい機種に しがみ付いた 自分が嫌になった・・
身を持って痛い目みないと解らない自分が 居た・・・

7月中旬
午前 1時 衝動的に 出発決め 始発を待って 出発

手ぶらで出かけた旅打ちは、資金300k 無傷
リュックや 着替え お泊りセット + しての帰還となりましたん


必死のパッチも 空回り

米 GET したり 早朝の 海で 泳いだり

逃げたり 攻めたり 泣いたり 笑ったり


『プロ』 に なりたい 自分は ハッキリ 見えるのに

どうしても 楽しさを 求めてしまうのは 欠けてる おおきな要素なんや


『旅』 も 『打ち』 も 楽し過ぎる (なぞとき問題のような気がする)


旅の地では
道1つ いちいち 解らないわけで コンビニ1つ 探すのも
左右 歩き出す方向を 誤ると 1時間ぐらい歩きますぅ

思い切って 道を 『人』 に 訪ねると
ビックリするくらい 親切に 教えてくれました
おそらく よっぽど 切羽詰まっている モンキーに 見えたのかも

振り返ると 見送ってくれてたり 走ってきて メモくれたり

なっちんは 誰とでも 喋るけど 優しい人には 弱いですぅ

世の中 自分のコトしか 考えない人 おおいと 思ってたけど

ひょっとしたら 優しい人のほうが おおいのかも


『戦い』 は 1人 だけども やるのが 1人 なのであって

『戦う』 のは 1人で やっているのでは ないよな 気がしました

先輩に いっぱい貰った言葉 一個一個 思いながら 歩きました


旅の地では 『So Cool』 に 立ち振る舞う 先輩の 面影 見ました


『鋭い眼つき』 と 集中の 『瞬間』 

(なっちんが 釘だったとしたら コロサレルかと 思いまひた・・・)


シマの 『釘っ』 を 読み 『ホールのやり方』 を 読む

安定勝利レベルと 云われる 『顔』 を とらえた時 優しい あの人の横顔に見えた


なっちんに いろんな言葉を くれた 先輩達は どんな失敗 してきたやろ?

高過ぎるレベルの話が 通じる こころ許せる 同業者(親友)が いるんかなぁ


・・・ 優しさを 受けて 初めて 素直に 自分を 『分析』 できるの

・・・ なんにも知らないと言うのは 『旅』 そのモノなの




なっちんは 京都っこ なので 「海」 が見えた瞬間 走り出します!!

ε≡(((っ^〇^)/ おっかけるでー

スポンサーサイト




  1. 2007/08/03(金) 00:14:18
    |
  2. なっちんの 『詩』|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:117